分譲賃貸はエントランスが広く明るくなっています。死角が無いので安心して出入りすることができます。

分譲賃貸マンションについて
分譲賃貸マンションについて

分譲賃貸はエントランスも広く死角などがない

小さい賃貸マンションの場合、エントランスが非常に狭いことがあります。朝などに通勤の人が一斉に降りてくるときに混みあうことがあります。急いでいるときにエレベーターなどが利用しづらいのはあまりうれしいことではありません。また、複雑な作りになっていることがあり、いろいろなところに死角があります。夜などは少し怖いことがあります。

分譲賃貸においては、エントランス部分はかなり広く作られています。集合住宅では他人と共存しながら住むのが前提になっています。人が会った時にも余裕が持てるようになっているのです。死角になりそうなところには監視カメラなどが設置されているので、セキュリティの面からすると死角なしで住むことができると言えそうです。

夜に帰ってくるときも広いエントランスだと明るいです。暗いと自分の家に帰ってきたのに不安に思うことがあります。郵便受けなども整理されているので、散らかるようなことはありません。気にすることなく住むことができます。