分譲賃貸とは、分譲マンションを賃貸にした物件であり、壁が厚く、一階にはロビーもあり、管理もしっかりしています。

分譲賃貸マンションについて
分譲賃貸マンションについて

分譲賃貸と分譲マンション

賃貸のイメージだと、壁が薄かったり、トイレやお風呂が狭く、キッチンも簡単に設置をされたものというイメージです。一生住む家ではなく、数年間住むための家として借りている人が多いです。例えば学生の間借りている1DKや1Kの狭い部屋だったり、結婚をして、2LDKの少し広めのアパートだが、数年後には持ち家を持ちたい人などがとりあえず住んでいる人などが多いです。しかし、普通の賃貸物件ではなく、分譲賃貸というものがあります。

分譲賃貸とは分譲マンションを賃貸にした物件になります。分譲マンションは一軒家と同じように、一生住む予定として購入する人が多いです。そのため、値段も何千万するマンションです。購入後には、30年程度の間、ローンを払い続ける人が多いです。壁の厚さや、管理などもしっかりしてあります。一階のロビーには24時間管理人がいるところも多いです。なぜそのような物件が賃貸されているかという理由で多いのが、マンションを購入した人が転勤などで住めなくなったときなどに賃貸として貸すことがあります。