最近分譲賃貸マンションという言葉を耳にする様になりましたが、どういう物件のことかについてご紹介します。

分譲賃貸マンションについて
分譲賃貸マンションについて

最近よく聞く分譲賃貸マンションとは。

最近よく耳にする様になった分譲賃貸マンションとは、一体どういったマンションなのでしょうか。「分譲」と「賃貸」という言葉が一緒になっているので、意味も混乱しがちですが、実は文字通り、分譲マンションの賃貸なのです。

つまり、分譲マンションとして売りに出された物件なのですが、いろいろな理由で賃貸として貸し出されている物件です。地方や海外転勤で、購入したばかりの分譲マンションを、留守の間数年賃貸として貸し出す方や、分譲マンションとして建設された物件の買い手が思う様に付かず、空き部屋がある場合等は、買い手が付くまで賃貸として貸し出すなどといったものです。

元々は、分譲マンションとして建設されているので、賃貸マンションに比べると、設備や造りもしっかりしていると言えるでしょう。それなので、分譲賃貸マンションは人気があるのです。ただし、特別な理由で賃貸物件として貸し出されているため、物件数自体はとても少ないと言えます。また一度賃貸契約した借り手は、なかなか引越したがらないといったことからも、分譲賃貸マンションの空き部屋を探すのはとても難しいと言えるでしょう。