分譲賃貸の中にリロケーションと呼ばれるものがあります。転勤で一時貸出に出ている物件になります。

分譲賃貸マンションについて
分譲賃貸マンションについて

分譲賃貸ではリロケーションを探す

分譲マンションを購入して住宅ローンも組みました。これからいよいよ自分たちの家で生活していこうと思ったときに無情にも転勤の知らせが来ることがあります。せっかくのマンションを売ろうかと考えていたのですが、一応期間は3年とのことでその後は戻ってこれるようです。それならそのまま持って置くことを考えるようになりました。

分譲賃貸の中にリロケーションと呼ばれるものがあります。購入したものの転勤によってしばらく住まなくなるからその間のみ貸し出してくれるものです。転勤期間などの間だけになるので、2年や3年後の決められた期間以降は必ず退去しなければいけません。定期借家契約になります。この契約では結構お得なことがあるのを知っているでしょう。

通常の賃貸に比べると入居者が少なくなります。そのことから賃料が割安になることがあるのです。長く住もうと考えている人には合わないかもしれませんが、一時利用であれば割安でいい物件に住むことができます。