一戸建ての分譲賃貸はマイホーム感覚で、広くて設備が快適な一戸建てに賃貸で住める魅力があります。

分譲賃貸マンションについて
分譲賃貸マンションについて

マイホーム感覚で分譲賃貸に住める

分譲賃貸の中でも人気があるのが、一戸建ての物件です。一戸建ての分譲用の物件はもともと住んでいたオーナーが海外転勤などの理由で家を開けなければいけない場合などに、賃貸として貸し出されます。こうした物件は大変高い人気があり、あっという間に借り手がついてしまう人気物件になります。その理由は頭金などの高額な初期費用なく、賃貸物件の一戸建てに入居できるからです。

マンションと違い一戸建てですからマイホーム感覚で広々と暮らせるのが賃貸一戸建ての大きな魅力になっています。通常こうした一戸建てに入居するためには莫大な費用がかかります。ローンは全体の8割までしか出してもらえないので残りの2割は自己資金から用意しなければなりません。また、そのほかにも各種税金や諸経費等があるので、何千万円も最初の費用としてかかるのです。けれど、賃貸物件なら敷金・礼金、家賃、引越し費用くらいで入居できるので、大幅に経費削減をして、マイホーム感覚で一戸建てに住めるのです。