分譲賃貸においては、最初から投資目的で購入されたものがあります。借り手は期間を気にせず利用できます。

分譲賃貸マンションについて
分譲賃貸マンションについて

分譲賃貸で投資目的で購入されたもの

マンションに投資する方法としては、ワンルームなどが入っているところを建物ごと行う場合があります。その場合は物件の管理などをしなければいけません。また空室率なども気になります。劣化に応じて賃料も下げないといけませんから、一定期間が経てば建替えをする必要も出てきます。経営能力が必要になると言われています。

別の方法としては分譲マンションを購入して貸し出す方法です。こちらは1部屋から数部屋などで行うことができます。管理が比較的楽で資産価値もそれほど減りません。借りる方からするとこのような物件を分譲賃貸と呼ぶことがあります。元々が投資目的で買われているものなので、将来的に持ち主が住むことを考えなくてもいいのです。

物件によっては持ち主が転勤の間だけ貸してくれるようなものがあります。そのときには将来出て行かなくてはいけません。でも投資目的タイプは気に入ればそちらに住み続けられます。持ち主としても安定収入が得られます。